五十肩

五十肩

こんな症状や悩みはありませんか? 肩を動かしたら痛い。肩が痛くてよく眠れない。朝起きた時に肩に痛みを感じる。肩に触れただけで痛みがある。肩の動きが悪い。
  肩を触ったり、痛み(刺激)を与えない治療法があります!

五十肩は肩に痛みと可動制限がでる障害で明確な原因はなく、40歳以上の方に起こるといわれており、四十肩とも呼ばれます。

症状は段階によって異なっており、初期は肩関節周りに鈍い痛み、腕の可動制限が出ます。
それが徐々に鋭い痛みが出るようになり、腕を動かすと激痛を感じるようになります。また、腕を上げることが難しくなったりします。

肩関節は可動範囲が大きい関節ですので、筋肉がその状態で癒着してしまうと、あらゆる方向に対して肩関節の動きが制限されるためにそれらの症状が出てくるのです。

重症化してしまうと痛みのために夜眠れなくなったり(夜間痛)、洗濯物を干すことができなくなったり、シャンプーが辛くなったりなど日常生活に支障が出てしまいます。

慢性期に入ると肩周りの筋肉自体が固まってしまい、更に動きが悪くなります。そしてますます痛みが増し、治りが悪くなってしまいますので、そうなる前に当院にご相談していただきたいです。

学園通り接骨院の五十肩施術

運動療法は国家資格を持った施術者がフォローしながら行うので、安心安全です。無理な動作はいたしません。

学園通り接骨院では、五十肩の症状が強い場合には、アキュスコープ&マイオパルスを用いて施術を行います。
微弱電流が流れる機器なので、痛みや刺激をほとんど感じることなく治療が行えます。

肩が痛くて動きに制限が出てしまっている場合には、アキュスコープ&マイオパルスで炎症を抑え、運動療法で肩関節の可動域を広げていきます。

学園通り接骨院 治療の流れ

五十肩 症例

手があげられなくなってしまった55歳女性

この女性は髪がくくれない、エプロンが結べない、手があげられないという症状で来られました。
肩や腕が動かしにくくなっているという前兆は時折あったのですが、我慢をしており、だんだん動かなくなってしまいました。

アキュスコープで関節の痛みを和らげる治療をし、強張って固まった筋肉をマイオパルスという治療器を使って緩めていきました。
そうすることで、腕をあげたりといった動作ができるようになりました。

その後、運動療法で可動域を広げる施術を行いました。
運動療法はお体を動かしながら関節の可動域を改善させていく療法です。 一人では動かせない状態でも柔道整復師(整体師)がきっちりフォローしていきますので、ご安心下さい。
また、決して無理な動かし方はいたしません。

全く肩・腕を動かせない状態だったのが1週間で動くようになり、
1ヵ月半で日常生活に差しさわりのない程度まで動かせるようになりました。
その後、リハビリのために2,3ヵ月通われ、ほとんど不自由なく生活をされておられます。

高松市   40代女性 「五十肩症状」
木田郡三木町50代女性腰痛

手技治療と特別治療のアキュスコープで現在治療中

最初は痛くて動くのもつらかったが、今では腕を挙げるのが楽になった。